お祭り

ゴ・ピタック島へ海を通し走る競争の祭り

ゴ・ピタック島へ海を通し走る競争、又はランスワンミニマラソンが毎年6月に実施されています。この時期は島へ歩ける程海洋潮汐があります。競争の距離は14キロで、パークナム・ランスアン(チャクリ・ナルエベト航空母艦の模型)でスタートして、海岸に沿ってゴ・ピタック島への渡りの港まで走り、そして、1キロぐらい海を通しゴ・ピタック島まで走る競争です。この競争は「シャムの一品」であるユニークなミニマラソンです。

チュムポーン海の世界の日

チュムポーン県の観光促進、自然環境保全、及び現地者の所得分布である目的として、毎年3月中旬から4月まで行われています。その日にある大切な活動は釣り試合、観光地の写真コンぺティション、観光地の展覧会、様々エンターテイメント、及びミニマラソンです。

いかだを川下にフロートのパト祭り

2月の間にいかだを川下にフロートの祭りが行われています。環境保全的いかだを川下にフロート、プートムアンギンフリー(食べ放題)、フォーク製品の展覧会と販売、パト郡の森林は多くの源流となって、山に沿って、蛇行して流れています。川の両側には熱帯雨林と果物のオーチャードがあります。一部は 急流であるので、年中クローンパト運河でアドベンチャーの活動が行えます。クローントンナム(源流の運河)をはじめ、豊かで珍しい動物が見られることろです。例えば、ラングール、サル、サイチョウ等が運河に沿った森林で生活を送っています。次に、ドリアンのオーチャード、コーヒー植えの場所、マンゴスチンのオーチャードがあります。トレッキングが好きな方にとって、源流森林見学とキャンピングのトレッキングのトリップ、像にのってオーチャードを見回るトリップでも供給されています。

ラブロー洞窟上り祭り

昔から、ターセ郡と近辺の人は、タイの陰暦5月下弦の月の14日目である年と月の終了日、又は「年と月の終了日の新年」に他の町で働いている、又は生活をしている人、家族が実家へ戻って家族で集まる日であると思っています。そして、有徳の仏像の裏に金紙を張ります。都市の有徳像の裏に金紙を張るのは偉大な慈善を得られると信じています。爆竹を鳴らして神への誓約遂行でもできます。それは都市の有徳像から守ってもらって幸せになれたことに対してのありがたい気持ちを表すためです。

タイの陰暦4月下弦の月の13日目にラブロー洞窟でタムブン(手柄顔する)があります。タイの陰暦4月下弦の月の14日目の朝、ラブロー洞窟上り祭りの日です。その日に都市の有徳像の崇拝 と金紙貼り付けが行われて、同時にワット・タムラブロー寺に色々なエンターテイメントと遊びがあります。例えば、マノーラー踊り(南部の伝統的な踊り)、ボクシング、リゲー(タイ伝統的演芸)、ラムウォン(タイの民族舞踊)等です。祭りの後、農民は、その年の苗植え、畑を開始します。新年に新人生をスタートするポイントです。現在、チュムポーン県は色々な面が変わってきましたが、この祭りはまだ残っています。