方針

チュムポーン県は県開発計画(仏暦2553年~2556年)見直し、下記のミッション、ビション、戦略上の問題、目的、及び戦略を設定しました。

チュムポーン県の開発方向

豊かな自然資源・環境の潜在能力開発、農業エリア及び自然的観光地と文化的観光地の潜在能力開発を行い、チュムポーン県人に対して4つの価値を与えます。それは人間と社会、観光、農産物開発・農産業・マーケッティング、及び自然資源・環境の発面です。各部門からの意見を得た上で、政府の方針に応じて潜在能力の下でビション、ミッション、戦略を設定します。

戦略的の位置
  • 安全・学習社会、地域社会強化、及び生活の質を持つ人に向けて人間と社会の開発
  • 自然的観光と南部のユニークな文化・習慣の豊かな観光資源
  • 農物と安全料理の生産所、農産業、及びグリーン技術
  • 豊かな自然資源と環境
ビション (Vision)

“持続的農業とエコツーリズムに向ける住みやすいチュムポーン”

ミッション (Mission)
  • 家族と地域社会を強化し、質の社会をつくる
  • 持続的観光旅行の為に、観光管理の効率向上と観光開発を行う
  • 農産物の経済競争力向上と品質・安全な農産物の生産性向上
  • 地域社会と一緒になって自然資源と環境を管理する
  • 行政・政治文化、平和維持、及び社会保障の推進・開発
  • 人の有益の為に、良い基準と行政方法によってチュムポーン県の行政の効率を向上する
目的 (Objectives)
  • 品質の人間・強い地域社会
  • 品質の観光地
  • 農産物の生産性と競争力を向上
  • 持続的に使用する為、自然資源と環境はマネジメントれる
  • 人々は統合行政により利益を受けられる
  • 住みやすいチュムポーン県になる
目的の指標
  • 基本最小限ニーズ情報(ジョーポートー.)によるチュムポーン県に所在している家族の生活質向上
  • 観光者と観光による利益増加
  • 県の国内総生産農業分野増加
  • 自然資源・環境のマネジメントは規格に適合する
  • 不公平と透明性についての苦情低下
  • チュムポーン県の国民総幸福量が増加