県章

県章
県章は、三つの部分で構成されています。
  • 立っている人間とは、戦争に出る町人と軍隊へ祝福をしている神様
  • イチジクの木が両側に沿っている姿ですが、イチジクは県木としてチュムポーン県にたくさんがあります。
  • キャンプと敷居とは、昔、チュムポーン県が辺境であるため、戦闘員が戦争にでる時、いつも集まったところです。
県スローガン
チュムポーン プラトゥーパークタイ ワーイサデットナイグロム チョムライガーフェ レーダートサーイリー ディークルイレッブムーナーン クンチューランノック (チュムポーン王子の表敬訪問、南部ゲートのチュムポーン、コーヒー農園見学、リービーチ観光、美味しいレディフィンガーバナナ、有名な燕の巣)
県旗

(旗の背景は青色で真ん中に県印があります)
県木

タイ名

マドゥーウトゥムポーン(イチジク)

一般名

Cluster Fig

学名

Ficus racemosa Linn.

LAURACEAE

他名

マドゥー、マドゥーチュムポーン、マドゥーグリアン、ドゥーナム

原産地

原産地はスリランカ、中国南部、南アジア、及び東南アジア

分類

多年生植物

形態

長さ5-20メートルの落葉樹で、新枝に赤褐色の細毛があります。 葉が落ちた後、葉は楕円形から皮針形の掌状で互生し、先端がとがった形状をしています。葉脚は円状をして、茎の長さは10.5cmです。花が小さく花嚢内面に無数の花をつけます。 果実は楕円形をして、濃い紫色になります。

繁殖

種子栽培袋に植え付けて、元気に育てたら、土地に根挿して移動する。

適用環境

有機物がある砂質壌土、排水の良い

利用

庭木
県花

タイ名

ドークプッタラックサー

一般名

Butsarana

学名

Canna indica Linn.

CANNACEAE

形態

草本植物は針葉樹と多肉植物である葉状植物です。幹の高さは約1-2メートルで、地下にある幹は「台木」と呼びます。台木は、バナナのように発芽して生長します。葉は大きくて緑色です。葉の先端と葉脚が鋭端の形で、葉の周辺が全縁となっています。葉の中心は凸状の線がはっきりしています。茎は長く、幹を囲んでいます。花部は約15-20センチの長さをしています。それは、8-10の花があります。 花弁は柔らかくて、サイズと色が種によって違います。

繁殖

植え付け、発芽

適当環境

砂質壌土、太陽光、屋外

原産地

インド